ようこそ!
ICYDOG内検索


最近の投稿
過去の日記
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
Amazon

May 13, 2018

白山 兆徳 [dining 49: 本郷・根津]

chotoku_180513_02.jpg
□ 玉子炒飯は黄金色に輝いている!

「町中華」というカテゴリーがジワジワと浮上してきていて、ネットでの検索数も5年前から倍増している。一方で町中華は高齢化、後継者難で「絶滅危惧種」なんて言われたりもしている。町中華として魅力を放つには、かなり年季が入っていないといけないような気もするので、新店も生まれにくい。

先日、白山に住む友人に「兆徳」という町中華を教えてもらい、さっそく訪問。正午前に入店したもののすでに満席。厨房はチャーハンを煽る大きな中華鍋とヘラのぶつかる音が鳴り響き、高温な火の上でひたすら煽り続ける。おいしくないわけがない。黄金色に輝く玉子炒飯は、シンプルにしていい香り。モチモチした皮に包まれ、噛むと肉汁があふれだす餃子もいい。店を出ると外には行列が伸びていた。


  → つづきもどうぞ "白山 兆徳"



Posted by icydog at 10:58 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 06, 2018

浦和 むさし乃 [dining 99: その他]

musashino_180506_01.jpg
□ 新仔鰻重

浦和は鰻の街なのだそうだ。駅前にはやなせたかしデザインのキャラクター「浦和うなこちゃん」の石像があるぐらい鰻だ。その昔、浦和近郊は沼が多く、川魚の多く棲む水郷地帯として古くから鰻の蒲焼が食べられて今の時代に受け継がれているという由来。

GW最終日はそんな浦和に降り立って、「むさし乃」という鰻屋さんを目指す。入口に着くと立て看板があり、この日は新仔鰻重のみの営業とある。鰻の新仔とは、養殖鰻の中でも、ことさら早く成長するもののことらしく、柔らかく、脂にクセがないという。

やってきたお重に解説が添えられる。「うなぎに臭みがないので、まずは山椒をかけずにお召し上がりください」...と。箸がスッと入る柔らかさ、ものすごい脂のノリ、それでいて軽やか。甘めのタレとの相性もいい。途中で山椒をかけてみたりしたけれど、かけてしまうといつもと同じような味わいになってしまうから、せっかくなら何もかけない方がいい。


  → つづきもどうぞ "浦和 むさし乃"



Posted by icydog at 10:07 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

May 05, 2018

川越 風凛 [dining 71: 川越]

furing_180505_08.jpg

休日の川越でのランチはどこも1-2時間待ちは当たり前で、今回はちゃんと事前予約。
喧騒から細い路地をスリップインして寿司屋の「風凛」に入る。このアプローチがおもしろくて好き。

furing_180505_03.jpg


  → つづきもどうぞ "川越 風凛"



Posted by icydog at 10:09 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

川越 [-diary_18]

kawagoe_180505_06.jpg

GW中、こどもの日は川越散歩。
川越駅に到着するなり、ものすごい数の人が降りたのでただならぬ混雑を予感する。どうも春まつりの最中らしく、蔵づくりの街のあたりはものすごいにぎわい。


  → つづきもどうぞ "川越"



Posted by icydog at 08:48 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

April 30, 2018

目白 揚子江 [dining 55: 目白・馬場]

yosuko_180430_01.jpg
□ 前菜四種盛り

カルガモ観賞の帰りに、目白駅近くの「揚子江」で4人でランチ。
GW中の祝日で開いているお店あるかなあ...と探してみると、ここは年中無休! ありがたい。初めて入ったこともあってポピュラーなメニューを選択。前菜が運ばれたてくると、その盛りの大きさにややひるむ。どの皿も盛りが多くて立派。ケレン味のない正統派なテイストで、今時ではある意味個性的な存在かもしれない。青炒肉糸を食べると、シャキっとしたピーマンと濃すぎない味付けが生む静かな完成度の高さにハッとする。超満腹なので歩いて帰ろう。



  → つづきもどうぞ "目白 揚子江"



Posted by icydog at 11:23 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

目白庭園 カルガモ親子 [-diary_18]

duck_180430_05.jpg
□ 生後1日目

目白庭園のカルガモの赤ちゃんは、今年は4月29日に誕生。昨年一昨年はいずれも5月2日で、決まってゴールデンウィークに生まれてくれるので、この季節は目白庭園散歩が恒例行事だ。もー、どんな仕草もかわいい。


  → つづきもどうぞ "目白庭園 カルガモ親子"



Posted by icydog at 11:20 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

April 29, 2018

池袋 ふじ屋 [dining 52: 池袋西口]

fujiya_180429_05.jpg
□ とろレバ刺し (低温調理)

近所に新しくできた「ふじ屋」はデイゼロ(その日の朝〆)のモツを使うもつ焼き屋さん。
鮮度がいいからレバ刺しがあって、低温調理ながら食べてみるとしっかりとレバ刺し感が味わえる。これならいいかも。各種モツ焼きも美味しく、ごはんものの「ゴマの葉おにぎり」や「もつ焼き屋のラーメン」も強烈なインパクトで、個性的で楽しい。おすすめ。


  → つづきもどうぞ "池袋 ふじ屋"



Posted by icydog at 11:18 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

マルガージェラート [dining 99: その他]

toybox_180429_04.jpg
□ マルガージェラート(能登) 能登プレミアムミルク + マスカルポーネ

西武池袋本店で開催されている「全国味の逸品会」の「トイ・ボックス」の向かい側は、能登から出店している「マルガージェラート」。トイ・ボックスの行列に並んだ人は、全員このマルガージェラートが盛り付けられるところを暫くのあいだ魅せつけられる。そして帰りに寄ってしまう...


  → つづきもどうぞ "マルガージェラート"



Posted by icydog at 11:14 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

トイ・ボックス [dining 99: その他]

toybox_180429_01.jpg
□ トイ・ボックス(三ノ輪) 醤油ラーメン

西武池袋本店で開催されている「全国味の逸品会」に出店している三ノ輪「トイ・ボックス」の行列に加わった。並ぶこと40分。
鶏と水だけで炊かれたスープで作られた醤油ラーメンは、立ち上がる香りが素晴らしく、澄んだスープの色からは想像がつかいないぐらい味わい深い。


  → つづきもどうぞ "トイ・ボックス"



Posted by icydog at 11:03 PM | Comments (0) | TrackBack(0)

April 22, 2018

東京スカイツリー [-diary_18]

skytree_180422_06.jpg

22日に錦糸町駅からスタートとして亀戸天神の藤まつり経由で、東京スカイツリーまでの散歩に出かけた。気温が30度近くまで上がり、日差しも強く、薄くなったツムジあたりが焼けつくように熱い。今年は桜も早かったので、いつもはゴールデンウィークが見頃の亀戸天神の藤も早く咲いているんだろうと見計らって出かけたものの、ほとんどの藤の花はすでに散ったあとだった。ただ、一箇所だけ遅咲きの藤棚があって、そこに人が集中して大撮影会だ。早々に亀戸天神をあとにしてスカイツリーに向かう。


  → つづきもどうぞ "東京スカイツリー"



Posted by icydog at 08:40 AM | Comments (0) | TrackBack(0)














































eXTReMe Tracker




*